Top
カテゴリ:出産( 2 )
Top▲ |
出産 ~はるとに会えるまで~
入院してから、26時間、5分間隔の陣痛が続きました(><)

5分間隔で陣痛はくるものの、なかなかベビーがおりてきていないとのこと。。

助産師さんから、

 ・できれば歩いてみよう
 ・食事はちゃんと食べて
 ・陣痛の間に眠れる時は、やすんで
 ・トイレにこまめにいこう

と、アドバイスいただき、

病棟の廊下を歩き、、
途中で陣痛がきたら廊下の手すりに手をかけ、旦那さんにさすってもらい、また歩き、、

気持ちが悪くて食べれない食事も、なんとか頑張って白米だけでも食べてみたり、、、

でも、睡眠だけは努力せずに睡魔が襲ってきて、陣痛によって起こされる状態(^^;)


PM5時ごろ 母が到着、旦那さんから母へバトンタッチ!

 さすが経験者! ピンポイントでマッサージしてくれます!

 母が23日から寝ずに付き添う旦那さんを心配して交代してくれました。
 でも旦那さん、後から聞いたら、心配で全然眠れなかったんだって。
 部屋でヤキモキしていたらしい。

 ごめんね。ありがとう。
 

PM8時ごろ 父が到着、母から父へバトンタッチ!

 父にさすってもらうなんて、、と思っていた自分がいたりしたんだけど、
 いざ陣痛がきて、「お父さん!!」と助けを求めている自分がいました (笑)
 そして、何よりびっくりしたのが、父の安心する手のぬくもりとずっしりとした心地よさです。
 
 母が姉を出産するときも、陣痛が長引き(約2日!!!)、母にずっと付き添っていた父。
 その時の経験とこれが私たち娘二人を育ててくれた父の手なんだな、と今思います。 


PM10時ごろ まだまだ生まれないですね。との助産師さんの言葉をうけて、両親は帰宅し、旦那さんへバトンタッチ!

 この頃から痛みは強くなる一方!
 痛みがない時以外は普通にはしゃべれるんだけど、疲労困憊と気持ち悪さで水分補給がやっと。
 

PM11時 破水し、そこからが本当に辛かった。。
 
 痛い! 痛い!! 痛い!!!
 あまりの痛さにベッドから落ちそうになり、柵を上げられ・・
 痛みがくると、その柵を力いっぱい握りながら、旦那さんにさすってもらいながら、痛みが去るのを必死で待つ。
 
 その痛みは、呼吸法ではもう逃しきれなくなって、
 ベビーに会うための喜びの痛みだよ、なんて自分に言い聞かせてももうどうにもならない状態。
 
 痛みに加えて、どうしようもなく体が勝手にいきんでしまうような感覚になり、
 深呼吸をしても、体が勝手にいきんでしまう・・・
  私     「やばい!やばい!いきんじゃう。 いやいきんでる!!」
  旦那さん 「だめ!だめ! 深呼吸!深呼吸」

 の、、繰り返し・・・

 本当にいきんでしまう体を止めるのに必死でした。
 いや、もう半分はいきんでしまってました!
 
 いきみたくていきみたくて我慢の限界!!
 痛みといきみとの格闘!!


AM2時ごろ 分娩室への移動の許可!!

 「髪の毛見えたね~!分娩室に移動しよう」と言われた時は、天にも昇る気持ちで(笑)
 いきめる~! 産めるんだ~! 逢えるんだ~!って本当にうれしい気持ちでいっぱいでした!


AM2:37 Haruto誕生!!

3730g 52.7cm 元気な元気な男の子♪

b0201301_1314118.jpg

 
 お父さん、お母さん産まれちゃいました(><;)

 はるとに逢えた喜びは言葉にできません。
 パパは、うれしすぎて拍手してました ^^;

 
 途中ちゃんとはるとのこと産んであげられるかどうか心配になったり、
 ちゃんと自分の力で産んであげられるのか不安になったり、、


 でも・・・
 harutoの心臓の音を聞いて、「Harutoも頑張っているんだもん頑張ろう!」って思えた

 ずっと支えてくれたパパ、
 応援してくれた家族のみんな、友達
 助けてくれた先生、助産師さん、看護師さん

 みんなのおかげで、無事に Harutoがこの世に誕生し、パパママのFamilyになりました★


 ありがとう


 ありがとう Haruto

b0201301_1212425.jpg

[PR]
Top▲ | by monsoleil | 2010-06-25 11:52 | 出産
出産 ~始まり~
2010/6/23(水)

 AM1時すぎから 生理痛のような重い感覚で、軽い痛みが不定期に続き、
 AM8時、約10分間隔になったので病院へ電話。
 
 「診察しますので、入院準備をしてきてください」とのこと。
 そわそわする旦那さんといざ病院へ・・・

 診察の結果、、、、 
 子宮口もまだ1cmなので、まだまだとのこと。
 病院と自宅が近いこともあり、帰宅して様子をみることに。

 先生曰く、「大丈夫!陣痛はわかるくらいもっと痛いから!!」

 笑

 帰宅・・・。

 自宅でしばらくウトウト・・・
  

 PM8時ころから午前の痛みより少し強い痛みを感じるように。
 間隔は5~10分間隔!

 午前中にフライングしてることもあって、病院に行くのをためらう私に、旦那様から一言・・
 「病院行こう。お産なんて人それぞれだし、初めてなんだからわからくて当たり前だよ。
  何度でも行けばいいんだよ。一緒にいこう!」
 
 確かに痛い、このころは旦那さんにさすってもらわないと辛くなってきました。


2010/6/24(木)

 AM0時すぎ、再度病院へ電話。
 相談の結果、入院準備をして病院へ来てくださいとのこと。

この時、お産が始まるのかもしれないと、なんとも言えない緊張感がわいてきたのを覚えています。

 自宅から病院までの間、旦那さんといろいろな話をしながら病院へ歩いて向かいました。
 結婚してから、妊娠、今にいたるまで、いろいろなことがあったね、、と
 早くベビーに会いたいね♪ もうすぐ会えるね♪ と


 診察の結果、、、

 
 入院!!


陣痛室に移動し、ここから長い長いお産の始まりです。 
[PR]
Top▲ | by monsoleil | 2010-06-25 07:03 | 出産
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin